【緑内障】 コンタクトレンズが原因の時の症状と治療法は?

緑内障
目の病気にも色々とありますが、緑内障は失明の原因になるものです。とても恐ろしい病気ですので、どんな病気なのかと正しい治療法について、知っておいた方が良いことになります。

ここでは、コンタクトレンズが原因の緑内障の症状と治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

緑内障の原因や症状について

緑内障
【緑内障】とは、眼圧が高くなることによって、視神経が壊されていく目の病気です。

主な症状としては、視野が狭くなり、見える範囲が徐々になくなっていきます。遺伝的に病気になることもあるので、家族に緑内障の方がいるなら気を付けた方が良いでしょう。

コンタクトレンズが原因の場合は?

緑内障
緑内障は「40歳以上の男女になりやすい病気」とも言われていますが、若い方でも症状が進行している場合も考えられます。

最近は、コンタクトレンズを付けている方も多いと思いますが、長時間付けることによって目に悪い場合があります。また、酸素が通りにくく、目に傷が付いてしまうこともあります。

長時間付け続けることで目の眼圧が上がります。コンタクトレンズを付けている方は、定期的に眼科へ行き診察してもらいましょう。

緑内障の予防や対策法はコレ!

緑内障
緑内障の予防や対策としては、目の検査が効果的! 目の検査をすることで、緑内障の病気も早期発見することが出来ます。

もし、緑内障の症状があると言われた場合には、コンタクトレンズはあまりしない方が良いです。眼鏡は安全ですので、なるべく切り替えましょう。

緑内障の治療法はこちら

緑内障
緑内障は、早期に発見された場合には治療法として【目薬を毎日さす】必要があります。眼圧を下げる目薬を付け続けていれば、失明することは防げます。

症状の進行はとても緩やかですので、いきなり視野が狭くなることはありません。自覚症状のない病気ですので、緑内障だと気づかない方も多いです。

早めに発見して、適切な治療法を続けていれば、失明することはないので眼科に定期的に通いましょう。万が一、視野が狭くなってしまったり、症状が悪化していく場合には緊急に手術を受けてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加