【緑内障】 糖尿病が原因の時の症状と治療法は?

緑内障
日本の失明の原因の上位には、常に糖尿病が原因の【緑内障】が挙がっています。

ここでは、糖尿病が原因の緑内障の症状と治療法についてご紹介します。

スポンサーリンク

糖尿病が原因の緑内障とは?

緑内障
糖尿病の患者は、【糖尿病性網膜症】になり、この病気がある程度進行すると【緑内障】を発症します。糖尿病特有の緑内障は「血管新生緑内障」と呼ばれています。

糖尿病の患者の血液は、糖が多くてとても固まりやすく毛細血管を詰まらせてしまいます。網膜の血管がつまると、酸素欠乏になってしまい、血流を補おうとして「新生血管」と呼ばれる本来は不要な血管が作られてしまいます。

緑内障
この新生血管が、眼球内の房水を排出する小さな穴を覆ってしまい、結果として眼球内の圧力が高くなってしまいます。その結果、視神経が圧迫されて視野が欠けててしまうのが「血管新生緑内障」です。

血管新生緑内障の予防法は?

緑内障
糖尿病が原因の緑内障は、自覚症状がほとんどなく、気がついたら既に大きく視野が欠けている所まで症状が進んでしまうケースが多くみられます。一度欠けてしまった視野は今の段階では元に戻すことは不可能です。

糖尿病が持病の方は、糖尿病の治療と並行して定期的に眼科で検診を受けることが重要です。

また突然激しい目の痛みや吐き気などに襲われる場合もあります。この場合は緊急性が高く、速やかに眼圧をさげないと急に失明することもあるので、すぐに眼科を受診しましょう。

緑内障の治療法について

緑内障
糖尿病が原因の緑内障の治療法は、眼球にレーザー光線をあてて網膜を凝固する方法があります。凝固した部分は血液を必要としなくなるので、新生血管が新たに伸びてくるのを防ぐことができます。

通常の緑内障の治療法と同様に、眼圧をさげる目薬をさすことも症状の進行を止めるのに有効ですし、硝子体に出血が起きた場合の治療法として、濁った硝子体を切除して人工液を入れる硝子体手術をおこなうこともあります。

目に異常を感じたら、すぐに眼科を受診するようにしてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加