【急性緑内障発作】 症状や治療法、手術について

急性緑内障発作
【急性緑内障発作】とは突然、目が真っ赤に充血して激しく痛み出す、視力が低下するなどの症状があらわれます。光を見るとまわりに虹のような輪がかかって見える虹視、さらに頭痛や吐き気・嘔吐などの症状がでることもあります。

ここでは、急性緑内障発作の原因や症状、治療法・手術についてご紹介します。

スポンサーリンク

急性緑内障発作の原因は?

急性緑内障発作
急性緑内障発作は、もともと角膜と虹彩で挟まれた部分が狭い挟隅角の人の場合、精神的なショックを受けたときや疲労、不眠、かぜ、ぜんそく、散瞳などを引き金にして急激な眼圧上昇が起こるのが原因です。

標準の眼圧が10~20mmHg程度ですが、これが50mmHgとか極端な場合は100mmHgに上昇します。治療が遅れると失明することもあるため、急性緑内障発作の症状があらわれたときは一刻も早い処置が必要です。

急性緑内障発作の治療法とは?

急性緑内障発作
治療法として【レーザー虹彩切開術】があります。ただ水晶体が後ろから押していて、虹彩に穴を開けても隅角が開かないことがあります。これは風呂にタオルをいれたまま水を抜くと、タオルが排水溝に吸い寄せられて排水溝が閉じてしまうことと似ています。

そこでレーザー光線で虹彩の一部に穴を開けます。こうすることで虹彩を前に押すことがないので、隅角が狭くなっていても、よほどのことがない限り隅角が閉じることを回避することができます。

手術の流れについて

急性緑内障発作
上で紹介した治療法を実施しようとしても、眼圧で角膜に濁りが出ている場合、レーザーがうまく角膜を通過しません。

これでは虹彩にうまく照射できないので、まず全身の水分をとる薬である【高浸透圧剤】を点滴することで角膜をきれいにします。これで角膜の濁りをとるとともに、房水や硝子体にも作用するため眼圧を下げることができます。眼圧が下がれば、レーザー虹彩切開術が可能になります。

もし急性緑内障発作が起きてレーザー虹彩切開術ができない場合、手術をするしか治療法はありません

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加