【糖尿病網膜症】 初期症状や分類別の治療法は?

糖尿病網膜症

さまざまな合併症が考えられる【糖尿病】。糖尿病が進行すると、目にも影響が出てきます。

ここでは、糖尿病網膜症の初期症状や治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症

「糖尿病網膜症」は、「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」と並ぶ糖尿病の3大合併症の1つです。血糖値が高い状態が続くと、血液中の糖分が血管壁と結合し、その構造、機能に障害を与えます。こうすると動脈硬化が起こってしまいます。

動脈硬化が起こってしまうと、その部分にコレステロールがたまってしまい、プラークを形成します。このプラークによって血管内腔が狭窄してしまい、その末梢組織への血液供給が不十分な状態になります。

そうすると末梢組織が酸素不足となってしまい壊死してしまうことがあります。これが目に起こってしまうものが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症の初期症状は?

糖尿病網膜症

この糖尿病網膜症の初期症状に関してですが、初期症状はほとんどの場合に現れることはありません。症状が現れるころには糖尿病網膜症が随分進行してしまっている場合が多いです。

初期症状を挙げるとすれば、飛蚊症という虫の残像が見えるような症状が最初に現れてきます。もしその病変が網膜の中心の大切な部位である黄斑に広がってしまうと突然の視力低下が起こることがあります。

分類別の治療法について

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症の治療法ですが、まず糖尿病の血糖コントロールが大前提となります。血糖コントロールを正常に行わなければ進行を食い止めることができません。初期の状態の単純糖尿病網膜症の状態であれば、血糖コントロールのみの治療で済みます。

しかしそれより症状が進行してしまうと網膜光凝固術という治療法が行われます。これはレーザーを照射することによって、新生血管を減らし、さらに新たな新生血管の発生を抑える効果があります。

この網膜光凝固術で効果が得られなかったり、さらに症状が進行してしまった場合には、【硝子体手術】という治療法が選択されることもあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加