【不同視弱視】 6歳からでも治療できる? 原因や症状について

不同視弱視

弱視の症状の中に不同視弱視があります。

ここでは、不同視弱視の原因や症状・治療についてご紹介します。

スポンサーリンク

不同視弱視の原因について

不同視弱視

不同視弱視の原因としては、遠視との関係があり、片方だけに強い遠視があり、その目を使わない場合には視力の発達が遅れて 不同視弱視を発症することになります。

眼鏡を使用しなくても目を交互に使うことができますが、遠視で起きた場合には、遠視の強い強い方の目は遠くも近くも良く見えないので、いつも遠視の軽い目の方を使うようになっていまします。そのために遠視の不可視の場合には、遠視の強い方の目が弱視になる原因となります。

弱視は、眼球には異常がないのに視力が悪い状態を指し、子供の場合には、目は使うことによって視力が発達をするために、小さいときから目を使わない場合には弱視になってしまいます。例えば、何らかの原因で小さい頃に長期間眼帯をかけていた場合には、その目は弱視になってしまうことになります。

不同視弱視の症状とは?

不同視弱視

不同視弱視は左右の目の屈折の程度が違う症状のことを指し、近視において起きた場合には近視の強い目は近くが見え、軽い方の目は遠くが見えることになります。

不同視弱視の症状としては、片方の目が弱くなりあまり使われなくなることから、そのために【頭痛】や【めまい】といった症状を現す場合があります。また、左右の目の視力が対称でないために、更に見づらい方の目を使わなくなり【眼精疲労】につながることもあります。

不同視弱視は6歳からでも治療できる?

不同視弱視

治療を行う場合には早ければ早いほど効果があり、弱視の種類によっては2歳や3歳までといった場合もありますが、不同視弱視の場合には、通常、8歳を過ぎても治療効果を期待することができます。

治療には遠視の矯正を行うことから始めますが、その場合、めがねを使用した治療法となります。視力の測定に関しては、6歳程度の場合には一般的な視力検査では決めることが出来ず、調節麻痺薬を点眼してから屈折検査を行い、遠視の度に合っためがねを作ることなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加