【不同視弱視】 大人がなる原因や症状、治療法について

不同視弱視

弱視は、年齢が低いほど治療法に効果があるといわれています。

弱視にはいくつかありますが、不同視弱視は視力検査で硬めの視力が悪い事以外に、症状がないために家族や本人が気が付かずに、早くても小学校低学年のときに初めて発見されることが多いです。

ここでは、大人が不同視弱視になる原因や症状、治療法についてご紹介します。

スポンサーリンク

不同視弱視とは?

不同視弱視

不同視弱視は、左右の屈折度が違うことが原因で 生まれつき違うわけではありません。もとは同じ度でも、両面の筋肉がピントを合わせるのに疲れてくると、片目を使うのを止めてしまった結果左右が違うものになります。手遅れにならないうちに治療を始めることで、左右の差が少なくなり不同視弱視も治ります。

不同視になりやすい屈折異常は遠視に多いですが、乱視でも起こります。治療法が早いほど、眼鏡をかけるだけで弱視は治りますが、不同視は治りません。不同視が残ると、成長とともに遠視が少ない利き目が禁止になります。

大人の不同視弱視の原因は?

不同視弱視

大人になると、不適切な矯正により、【眼性疲労】と【立体視の不良】が原因となることが多いです。成人になると眼鏡やコンタクトなどをつかっても、満足な視力を得ることが難しいです。

不同視弱視の治療法について

不同視弱視

不同視を治療することで、効き目が近視になるのを予防できます。

弱視の治療法では眼鏡を一日中かけて、検眼遮蔽を行いますが、不同視の治療法は、健眼の筋肉の使い過ぎを抑えるために、調節麻痺剤を点眼します。

不同視弱視

治療法には、アイパッチなどがありますが子供のように確実な治療結果が見込めるものではなくて、脳の視中枢が発達するかはわかりません。また、未発達の場合は、レーシックなどの手術を受けても治療は不可能となります。まずは、現在の視力を低下させないことが大切で、自分の度にあった眼鏡を使用することが重要です。

成人してからの原因は、不適切な矯正なども関係するので、度数には注意した方がよいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加