【正常眼圧緑内障】 治療や手術、禁忌な薬とは?

正常眼圧緑内障

基本的に、【緑内障】は眼圧が高くなりすぎるもので、眼圧異常が原因となり視覚を司る神経に不具合をもたらす目の病気です。

ここでは、正常眼圧緑内障の治療や手術、禁忌な薬についてご紹介します。

スポンサーリンク

正常眼圧緑内障とは?

正常眼圧緑内障

緑内障に見られる 眼圧の過度な上昇は 視覚の神経に大きな負担となり、視野が欠損してしまう事も多く、段階的に症状が悪化していくケースが見られます。その結果、視覚に大きな異常を来たし、ものが見えづらくなります。

最終的には、失明の危険性も高くなる為、医療機関での早急な対応が必要です。

緑内障の中でも、正常眼圧緑内障は、眼圧が一定の数値内で治まっているもので、この範囲を超えない場合は正常眼圧緑内障として認められます。眼圧が低い緑内障は珍しいですが、最近では 比較的多くの緑内障に見られるようになってきています。

緑内障の治療や手術について

正常眼圧緑内障

正常眼圧緑内障の治療法としては、それぞれの患者の症状にあった治療法が適用され、眼圧を下げるために【点眼薬】を用いたり、【内服薬】などが使われることが多く見受けられます。 また、レーザーを用いた外科的な手術や様々な手術法が考案されつつあります。

発症した段階では点眼薬により改善するケースも見られますが、薬での治療が困難になる場合には、外科的な手術が行われる事が一般的です。

緑内障の禁忌な薬とは?

正常眼圧緑内障

正常眼圧緑内障の治療で使われている薬は、交感神経に影響を与えるものや、酵素の働きを阻害するものなどがあり、患者の症状や、眼圧の下降の効果が大きく見られる薬を採用します。

そして、正常眼圧緑内障緑内障の禁忌とされている薬には幾つかの種類があり、【ステロイド】を含有する薬剤などが一般的に知られている薬です。気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加