子供の斜視は治る? 原因や症状、治療法について

子供の斜視

目の症状にも様々な種類がありますが、両眼の見る方向がずれている症状を【斜視】と呼びます。 その症状も様々で、黒目が内側に向いている内斜視、黒目が外を向く外斜視、さらに黒目が上を向いていたり、下を向いている症状もあります。

ここでは、子供の斜視の原因や症状、治療法についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の斜視の原因とは?

斜視の原因

子供斜視では赤ちゃんの頃に症状が出ることもありますが、乳児期は実は斜視ではないのにそう見えてしまう【偽内斜視】と呼ばれる症状もあります。

こうした症状が出る原因としては、赤ちゃんがまだ鼻があまり発達していないということもあげられ、成長し、鼻が高くなっていくと自然に治ることもあります。

子供の斜視

子供斜視の原因としては眼筋と呼ばれる筋肉のバランスが良くない、神経に異常がある場合にも斜視の症状が起きることがあります。さらに遠視の症状が強く出ている場合も子供斜視の原因となることがあります。

このほかでは脳腫瘍や脳血管障害などの病気がある場合もありますし、遺伝も斜視の原因としてあげられます。さらに外傷による後天性の斜視もあります。

斜視の症状について

斜視の症状

斜視は見た目でわかりますが、そのままにしていると弱視の原因となったり、物がニ重に見えるなどの症状が出る場合もありますので、早めに眼科に相談することが大切です。

目を細めていたり、テレビを前のほうで見ている、いつも頭を傾けているなどの症状がある場合は弱視になっている可能性もありますので、早めの受診がおすすめです。

赤ちゃんの視力と偽斜視について

赤ちゃんの視力

<赤ちゃんの視力について>
生まれたばかりの赤ちゃんは視力が悪く、視界はほとんど見えていません。しかし月齢を重ねるごとに視力が発達して見えるようになります。

新生児と言われる生後0~28日の赤ちゃんの視力は0.01~0.02ほどでぼんやりとしか見えません。生まれたての赤ちゃんは、瞳孔を覆っている角膜が薄くなっている為、遠視の状態です。

生後2~4ヶ月の頃になると、形がだんだんと見えてきて動くものに反応する様になります。4ヶ月頃になると視力は0.04~0.08まで発達していきます。6~8ヶ月頃になると視力は0.1くらいまで発達するので人や物を立体的に見る事ができます。1歳になると0.2~0.25になるので、物や形、人の顔も認識できるまで見えてきます。

目の位置

<偽斜視について>
斜視とは目の位置が外側を向いていたり、寄っていたりする病気の事を言います。放置してしまうと視力や視界の発達に悪影響が出る事があるのでなるべく早く治療してあげましょう。

赤ちゃんは目と目の間が離れていて鼻の根元が低く広い為左右の目が内側によっているように見えます。これが斜視と勘違いしてしまう偽斜視です。鼻の付け根をつまんでみて、黒目の位置を確認する事で偽斜視か判断がつくかと思います。

専門の医師でも斜視の判断は難しいので、成長と共に待つしかない時もあります。気になる場合は一度、専門医に相談してみましょう。

自宅でできる乳児期の目の検査とは?

乳児期の目の検査

大人と同じ視力検査ができるのは最低でも3歳以降と言われています。3歳未満の場合だと、絵の書いてあるカードなどを使って検査します。眼科に行く前に自宅である程度なら確認する事ができます。

やり方は至って簡単で、おもちゃをゆっくり動かしてみて「追視」するかどうかを確認します。また、明かりのつくおもちゃを色んな距離で見せて反応を見ます。子供の視力は脳の発達と同時進行していると言われているので、色んな物を見せて脳も視力も成長させましょう。

物を見る時に目を細めたり、物を見る時に近くで見たり、片方の目を隠すと嫌がったりする場合は弱視と言って、目が見えていても脳にしっかり伝わっていない可能性が考えられます。これらの事を一度確認してみてください。当てはまる事や、不安に思うことがあったら専門医に相談してみましょう。

子供の斜視の治療法はこれ

斜視の治療

子供の斜視の治療法についても知っておきたいですが、それぞれの症状によって治療法は違ってきますので、まずは眼科で診察を受け、それぞれに合う治療法を選んでいきましょう。

治療は遠視が原因で斜視となっている場合は、眼鏡を利用して遠視を改善していくこととなります。時には点眼薬を利用した治療が選ばれることもあります。 そして斜視が遠視以外の原因で起きている場合は目の筋肉を調整する手術で対応することもあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加