【斜視の手術】リスクや失敗した場合について!受けるほうが良いの?

斜視

斜視とは両眼が同じ方向を向いていない状態が常時続いている状態です。一方の目が正面を向いているとき、それより外であったり内側であったり、上下にずれている場合があり、外斜視、内斜視、上斜視、下斜視などと呼ばれます。

では、どのような治療法があるのでしょうか。斜視の手術のリスクをご紹介します。

スポンサーリンク

斜視の手術のリスクとは?

斜視の手術

基本は手術です。上直筋、下直筋、内直筋、外直筋という眼球を上下内外に動かす4つの筋肉があるのですが、これを手術で操作することで眼の方向を変えます。

問題は手術には限界があることです。成功したとしても、どうしてもプラスマイナス10度以内の誤差が残ってしまうのが現状です。また手術後まもない時期は眼の位置の変化に頭がついていかないために、物が二重に見えることがあります。

斜視の手術費用はどれくらい?

斜視の手術費用

眼の手術と聞くと、手術費用もかなり高いのでは…?と思ってしまいますよね。健康保険3割負担の場合で確認してみましょう。

■前転法(局所麻酔)
片眼15,000円
両眼同時27,000円程度

■後転法(局所麻酔)
片眼15,000円
両眼同時27,000円程度

■前転法および後転法の併施(局所麻酔)
片眼27,000円
両眼同時54,000円程度

■手術当日の費用(自己負担額)
片眼30,000円

斜視の手術は保険が適応されるため、片眼であれば3万円程で手術を受けることが可能です。

ただし、手術費以外にも検査費や診察費、入院費などもかかってくるので金額はプラスして見積もっておく必要がありそうですね。また、斜視の種類などによっては費用も変わってくる場合もあります。

手術後の症状や過ごし方について

手術後の症状

〈手術後の症状〉
手術後から1ヶ月程は充血や複視、目やになどの症状が現れることがありますが、症状は段々と良くなってきますので心配はありません。手術後は眼が敏感になっているので、こすったりしないように気をつけましょう。

〈過ごし方について〉
■お風呂
退院した翌日から湯船につかることができます。ただし、手術後一週間は顔を洗ったり、頭を洗うことが出来ないので、温かいタオルで顔を拭いたり頭を拭くようにしましょう!手術後から10日程経てば洗顔や洗髪もOKです!

■外出・運動
数日の入院期間がありますが退院すれば翌日から通学や通勤が可能になります。激しい運動でなければ室内や外で体を動かすことができますよ。

■水泳
退院後1ヶ月程は水泳は行えません。

■予防接種
手術後2週間は予防接種が行えません。予防接種のスケジュールも考慮しながら斜視の手術の日程を決めると良いかもしれませんね。

子供でも手術を受けたほうが良いの?

子供 手術

親としては早いうちに手術をして治してあげたいと思うかもしれませんが乳幼児や小学生の場合、全身麻酔をして手術を行うため小さな子供の場合、体にかかる負担がとても大きいです。

そのため、少し大きくなってから手術を行った方が良いかもしれません。また、手術以外の方法で治るケースも考えられるので、主治医の先生とよく話合い決めるようにしましょう。

失敗したらどうなるの?

斜視

斜視の手術では、目を動かす筋肉に手を加えるため 眼には相当大きな負担がかかります。

術後にまぶたが上がりづらくなるケースも1%程度と低い割合ですが起こることがあります。この治療法では結膜、すなわち白目の表面を切ります。結膜は切ると回復しても赤みが残る場合があります。

さらにこれだけのリスクを冒して治療したとしても「術後の戻り」といって、一度治ったようにみえても、また斜視になることが多いのです。

手術をオススメしない医者もいる?

斜視

自分の目がどのように見られているか気になってしまう 斜視患者の中には、「立体感を感じられない」「距離感がつかみにくい」という目の機能的な理由のほかに、「周囲からの見た目が気になる」「人の目を見て話すことができない」などの美容的な理由で治療を考える人もいます。

ところが現状ではこのようなリスクがあるため、斜視の角度がよほど大きくない場合、眼への負担とリスクを考えて手術は推奨しない医者もいるようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加