【内斜視】 原因や症状、治し方はコレ!

内斜視

目に起こる病気は色々ありますが、斜視の場合は右目と左目の見える場所が違うという状態です。 本来なら両方の目が同じ方向を見ることになりますが、斜視の方は一つの物を見る時にどちらか片方の目で見てもう片方の目が違う方向を見ているように客観的には見えます。

ここでは、内斜視の原因や症状、治し方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

内斜視の原因や症状は?

内斜視

斜視と一口に言っても種類があり【乳児内斜視】や【調節性内斜視】【間欠性外斜視】など様々です。 内斜視の方は目が内側にずれている状態になり、外斜視の方は外側にずれている状態です。

斜視になる原因は遺伝によるものが多いですが、眼球を動かす時に使う筋肉に病気があって引き起こされるケースもあります。 治療を行うためには原因を特定する必要があるので、気になる症状があれば眼科医を受診して正しい治療を受けましょう。

内斜視の症状があると正面から見た時に片方の目が内側に入ってしまうため、対面して話すときなどは相手の視線が気になることでしょう…。 女性の場合は特に見た目が気になるだけでなく、目が疲れやすかったり物が二重に見えてしまうという症状が現れることもあります。

赤ちゃんの内斜視について

内斜視

赤ちゃんの場合は 内斜視の特定が難しい面がありますが、目で物を追うようになると両目で見ている方向がはっきりと分かるようになります。

赤ちゃんに見られる内斜視の原因は、生後に発症するものではなく生まれつき起こっているものであることがほとんどです。 両親が内斜視でなくても発症するため、初めは分かりにくい面がありますが、眼科を受診すれば原因と治し方を教えてもらうことができます。

内斜視の治し方はコチラ

内斜視

斜視の治し方としては、手術を受けることが一般的です。 目の筋肉を動かすことで、黒目を正常な方向へと戻します。

ただ斜視の治し方は患者の症状によって変わってくるので、分からないことがあれば納得できるまで確認した方がいいでしょう。 手術は一回ではなく数回行われる場合もあるので、注意してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加