近視と遠視の違いとは? 見え方や治療について

近視 乱視

目の病気の中でも比較的耳にしやすい近視と遠視…。あなたの周りにも、近視か遠視のかたがいらっしゃるのでは? ここでは、近視と遠視の見え方・治療法の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

近視と遠視の違いとは?

近視 遠視

近視の原因の一つは、私たちのからだが成長するに伴い 目も大きくなるため、目の長さが長くなり、光が網膜より手前で焦点を結ぶようになることです。このような症状を防ぐ治療法としては、アトロビン点眼を行ったり、眼鏡を掛けたりすることが有効です。また、最近では角膜屈折を矯正するレーシック手術や就寝時に専用のコンタクトレンズを着用することによって焦点を網膜上で結ばせる【オルソケラトロジー治療】なども行われるようになっています。

遠視は、遠視用のメガネやコンタクトレンズを着用することによって光の屈折率を調整して正常に焦点を結ばせ、治療することができます。また、遠視の予防策としては目のピント調整機能を活発にすると言われているアントシアニンを豊富に含むブルーベリーなどを食べることも有効です。遠視が進行してしまった場合、レーシック手術をすることが根本的な治療法といわれています。

近視と遠視の見え方は?

近視 乱視

近視と遠視では見え方に違いがあります。近視の場合は光の屈折が強く、網膜よりも手前で光が焦点を結んでしまうために遠くのものがぼやけて見えてしまいます。遠視の場合は近視とは違い光が十分屈折しないで網膜より後ろで焦点が合うために、近くにあるものが見えづらい状態になります。

これが見え方の大きな違いですが、遠視の場合は近くの物も見えにくくなる場合もあります。また、遠視は物の見え方だけにとどまらず目に負担がかかって、眼精疲労や肩こりの原因となることもあります。

手術や治療法について

近視 乱視

近視と遠視の違いは、レーシック治療がレーザーで角膜を削って角膜の形を変える手術であるのに対し、オルソケラトロジー治療は就寝中に着用するコンタクトレンズによって、一時的に角膜の形状を変化させるということです。レーシックは手術をした後で目を元に戻すことはできませんが、オルソケラトロジーはコンタクトレンズの着用をやめることにより目を元通りに戻すことができます。

名前は似ていても、まったく違う近視と遠視。治療法も違うので 自己判断はせずに眼科を受診してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加