老視の原因・症状・予防法とは? 見え方はどう?

老視 老眼

だれでも歳を取れば体に不調が起こってくるのですが、それが眼に現れると、本当に自分が歳をとったのだと感じさせられる症状があります。それが【老眼(老視)】です。

ここでは、老視の原因・症状・予防法、見え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

老視(老眼)の原因は?

老視 老眼

老眼(老視)になっていく原因は、加齢です。

眼には水晶体というカメラでたとえればレンズに当たるものがあります。若いときには、この水晶体を、近くを見るときにはぶ厚くして、遠くを見るときには薄くなるように毛様体筋という筋肉を瞬時に調節しながらピントを合わせているのですが、加齢によって、ピントが合う時間が長くなったり、ピントが合いにくくなってきます。

老視の見え方の特徴はコレ

老視 老眼

老眼(老視)の見え方の特徴というのは、遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけて見えることです。それでも文字を話すことで、少しは見えるように感じるのですが、焦点があうのに時間がかかってきます。

老眼(老視)の症状について

老視 老眼

とくに手元が見えにくいのが、老眼(老視)です。よく、目のいい人ほど、老眼(老視)になりやすいといわれていますがこれは、間違いのようです。

…というのも近視の人というのは、もともと目が見えない状態になれているために、手元が見えにくくなっていうのに気が付きにくいということもあるようです。ですから近視であっても、老眼(老視)になってしまいますし、もともと目のいい人にくらべて気が付きにくい傾向にあるようです。

老視の予防法とは?

老視 老眼

老眼(老視)は40代以降の人が少しずつ、なっていくといわれていますが、いまは20代の人も似たような症状になる人が増えているようです。

その原因と言われているものが【スマホ】や【パソコン】!! スマホやパソコンなどの画面を長時間見て目を酷使することが原因で目のピント調整力が低下してきて、同じような症状があらわれているようです。

老視 老眼

現代ではスマホもパソコンも当たり前に使う時代ですから、『適度に休憩をとって目を休める』『スマホやパソコンを触る時間を減らす』『目薬を使う』『コンタクトの人は、出来るだけ眼鏡をかけるようにする』などの方法で 予防することができると言われています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加