【眼瞼けいれん】はストレスが原因? 症状や治療法について

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんの典型的な症状としては、目のまぶたの部分が自分の意志には関係なく動いてしまうというもので、一般的にはストレスや身体的な疲労が原因であるとされています。

ここでは、眼瞼けいれんの原因や症状、治療法についてご紹介しますね!

スポンサーリンク

眼瞼けいれんの原因や症状について

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんを治療するためには眼科で詳しい検査をして原因を特定しなければなりませんが、ほとんどの場合は肉体疲労のために自律神経が乱れてしまって眼瞼けいれんが起きているので、治療法は基本的には休養を適切にとって、体調を整えるしかありません。

症状はまぶたが痙攣するというものなので、日常生活の中で活動が困難になるようなことはありませんが、気になる場合には眼科で治療をしてもらう必要があります。

眼瞼けいれんの治療法とは?

眼瞼けいれん

症状によって治療法は異なるのですが、一般的には抗不安薬などを服用して心の状態を安定させることで、症状がおさまるので重症化することはありません。また眼瞼けいれんは気にし過ぎることで、痙攣をする回数を多く感じてしまうので、なるべく趣味などに没頭をして気にしないようにすることが重要です。

眼瞼けいれんを予防するなら…!!

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんは一過性の病気なので治療法としては休養や抗不安薬による自律神経の安定しか対処法がないのですが、長期間続いてしまう場合には他の病気が関わっている可能性もあるので、眼科を受診して詳しい検査をしなければなりません。一般的に抗不安薬を服用することで痙攣などの症状を抑えることができるのですが、それでも治まらない場合には自律神経以外の原因があることが考えられるので、なるべく早く脳神経外科や眼科を受診して専門医からのアドバイスを受けることが大切です。

また体の疲れが原因であることが多いので、日頃から運動などをして体力をつけたり、食事に気をつけて免疫力を高めておくと眼瞼けいれんになりにくくなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加