【外斜視】 大人の原因や手術の後遺症について

外斜視

【外斜視】は片方の目だけが外側を向いている病気です。 原因としては眼球の状態が不安定であることなので、成長するに従って治る場合もあります。

常に外斜視である場合には弱視の状態を防ぐために目の位置まっすぐに矯正することが重要で、専用のメガネを使用すれば 原因となっている目の位置の矯正ができる場合もあります。

ここでは、外斜視の大人の原因や手術の後遺症についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

大人の外斜視の原因は?

外斜視

外斜視を含む【斜視】という目の病気は、人口の約3%が患っています。なので、特に珍しいというわけではありません。

大人の外斜視の原因としては、大人になってから発症するのではなく、ほとんどが「子供からの斜視を放置していた」ことによるものです。

外斜視は早期治療が大切!

外斜視

斜視が原因で弱視になると幼年期から専用のメガネをつけ続けなければならないので、体を動かす時に邪魔になってしまうこともあります。

しかし目の位置を矯正しないで成長してしまうと、大人になってから眼精疲労が起きやすくなったり、視力が低下するなどの後遺症が残ってしまうので、子どものうちに治療を行って、斜視を矯正しておくことが非常に大切です。

外斜視は子供の頃に発見することができる病気なので、原因となっている目の位置を早期に矯正することによって、視力の低下などの後遺症を防ぐことができます。

外斜視の手術の後遺症について

外斜視

外斜視の手術の後遺症としては【弱視】があるのですが、メガネをかけても視力が上がらない状態のことをいいます。 弱視になる原因として「手術の後遺症」があるので、ものが2つに見えたり、ぼやけて見えるなどの症状が見られます。 そのときは眼科を受診して、外斜視の治療を行わなければなりません。

外斜視の治療で一番大切なのは両目の視力を良くすることなので、ずれている目の弱視をしっかりと治療することで視力を矯正することができます。

外斜視

子どもの場合は見えないという症状を自分から訴えることがないので、両親がしっかりと観察をしておきましょう。

挙動がおかしいなどの状態が続いている場合には かかりつけ医を受診して、斜視が発見された場合には早期治療を行います。それによって弱視を防ぐことができるので視力を正常な状態にすることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加