【白内障とは?】 原因や手術費用、入院について

白内障

白内障は、眼球のレンズが白く濁ってきて、視界がぼやけはっきり見えなくなって症状が出る病気です。ここでは、白内障の原因や手術費用、入院についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

白内障の原因とは?

白内障

白内障の原因には、先天性のものと後天性の老化現象によりレンズが濁って白内障を発症してしまうこともあるのです。これを【加齢性白内障】と呼びます。先天性のものは原因が遺伝によるものが多いと考えられています。加齢によるものは老化現象により、水晶体が白濁してしまって発症するのです。眼科の疾患の中ではよくみられる疾患であり、その治療法も確立されています。

白内障の手術費用について

白内障

白内障の治療法は手術を行うことです。混濁した水晶体を取り除き、代わりのレンズを入れるのです。この治療法は日本では数多く行われており、安全性も確立されています。

白内障は、保険が適応になる病気ですし、手術も保険が適応になります。そのため高齢者であれば1割負担、それ以外であれば3割負担で手術費用を抑えることができます。

入院の必要はある?

白内障

治療をする場合には、術前の検査のための外来受診もありますが、手術に要する日数は、病院によっては日帰りのところもあるのです。日帰り入院だと、その分手術費用も掛からなくていいですね。

また入院すると、病衣のお金や食事のお金、またベットの差額など支払う必要があるので、それだけ入院に関する費用も必要になりますが、日帰り手術だとその費用は必要ないので、お金を節約することも可能です。

白内障

白内障にも【先端医療】というものがあります。この治療法を受ける場合には、自費負担となることもあります。また入院日数なども変わってきます。そのために白内障の原因を明らかにし、どの治療を受けるべきかよく医師と相談をして治療法を決めていってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加