白内障の初期症状とは? 見え方や色はどうなる?

白内障

目の病気のひとつである白内障ですが、加齢によって起こる患者さんはおよそ7割を占めているといわれています。残りの患者さんは、先天性や外傷性、アトピーや糖尿病、薬剤や放射線によって、白内障となる場合があるようです。

ここでは、白内障の初期症状や見え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

白内障の初期症状とは?

白内障

この白内障は、透明な水晶体という凸レンズの形をしたものが、加齢や病気、ケガや遺伝などによって混濁したことで、視力に影響を及ぼす状態をいいます。初期症状にはこれといわれるものはないようですが、目がかすんだり、ぼやけたり、物の見え方が二重や三重になったり、光をまぶしく感じるなどの症状が現れるようです。

白内障になった患者さんの多くは、朝や夕方の散歩のときに光がまぶしいと言っています。このことは、初期症状の場合が多いようです。

白内障

また、水晶体の濁っている部分が、中心部にある場合と端の部分にある場合とでは、自覚する症状に違いがでてきます。中心部が混濁する時は、屈折力が非常に強くなることから、光のピントが合う場所が網膜より前に移動するので、近視が強くなると考えられています。

見え方や色はどうなる?

白内障

物の見え方が、水晶体の端の部分が混濁していると、瞳孔が小さいときは良いですが、瞳孔が大きくなると周辺にある濁った部分が光の通過を邪魔するため、薄暗くなると見づらくなります。水晶体の中心部が混濁していると、逆に明るいとろこでは見づらくなります。

さらには、白内障になると青系の波長の短い光が、混濁している水晶体を通らなくなるので、赤系と黄系の色だけになることで、全体の見え方が黄色味がかって見えるそうです。

ですが、白内障手術をすることで、本来の青系の色を取り戻すことができます。手術で治すことができるので、初期症状を感じたら 早めに眼科を受診するのがいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加