【老人性白内障】とは? 症状や手術、予防法について

老人性白内障

年齢とともになりやすい病気の1つに【老人性白内障】があります。レンズの中の液体が濁ってきて見えづらくなるもので、老化現象の一種です。巷では白内障と言っていますが、正確には「老人性白内障」と言います。

ここでは、老人性白内障の症状や手術、予防法についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

老人性白内障の症状とは?

老人性白内障

老人性白内障の自覚症状としては、外の風景がまぶしいといったのが大きな1つです。またばぶしさによって視力が低下してきます。そとの風景がややまぶしいかなと思ったら最寄り医療機関で診てもらいましょう。若いうちはとにかく「予防法」です。まずは予防して白内障が減少することを目標にしましょう!

予防法として、まずは【直射日光をあまり見ないこと】があげられます。外に出る機会が多い方は、サングラスをかけたほうが良いでしょう。とにかく直射日光を避けることが重要です!!食事の内容に関しては、特に問題ないです。

老人性白内障の手術について

白内障

手術はごく簡単で、目玉とその周辺に局部麻酔をして新しいレンズと交換します。手術時間は30分くらいで終わり、入院も数日あるいは必要ないこともあります。しばらくは炎症止めと化膿止めの目薬を使います。驚くほど視界が見えやすくなるので、みなさんが驚かれるそうですよ!

ただし、単焦点ですので、本などの近くをみるのか、遠くを見るのかによって、見方の頻度の多いほうに焦点を合せます。今ではどちらにでも焦点を合わすことができますが、その場合は高度医療になるので、保険が適用されていません。このように手術は簡単で安心して受けることができます。

老人性白内障

老人が極端に多くなった日本において、これからますます【老人性白内障】を患う方が増えると思います。手術に関して恐れることはないです。保険も適用されており、1回手術を受けると半永久的に持続できるので、白内障の症状が出たら 手術受けることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加