小児弱視とは? 原因やアイパッチ治療について

小児弱視

人間の目は生まれた直後はそれ程良く見える訳ではなく、ぼんやりと見える程度です。そして次第に機能が発達していき、大体8歳くらいになるとほぼ大人と同じ様に見え、焦点を合わせたりするのもスムーズに行う事ができるようになります。

しかし目の状態は健康なのに矯正しても視力が上がらない状態になってしまう事もあり、それを子供の場合は【小児弱視】と呼びます。

ここでは、小児弱視の原因やアイパッチ治療についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

小児弱視の原因について

小児弱視

人間は2つの目で補いあって見ているので、片目に異常があったとしても気づく事は少なく、症状が進行してから治療を始める事も少なくありません。

小児弱視の場合、その原因は【斜視】や【遠視】になりますが、良く見える方の目で無意識のうちに見てしまっているため、子どもは見えにくいという事を訴えかける事はほぼありません。その為に目の異常に気付きにくく、結果的に小児弱視となってしまう事があるので注意が必要です。

小児弱視のアイパッチ治療とは?

小児弱視

ただ原因が明らかになっている場合は適切な治療を行えば目の機能を出来るだけ正常な状態に持って行く事もできます。その治療法の一つが【アイパッチ治療】です。これは小児弱視に対して行われる治療法で、良く見える方の目にアイパッチをして治療する事になります。

アイパッチ治療をする事によって、目の機能が低下してしまっている方の目の機能を正常化する事が期待でき、お子さんの年齢が低ければ低いほどアイパッチ治療に費やす時間は短くて済みます。

小児弱視

小児弱視は放置しておくべきものではなく、出来るだけ早く治療に取り掛かる事が重要です。「少し子どもの黒目の向きが違う」「近くが見えにくそうだ」と感じた時などは、それが弱視の原因となっている場合もあるので、なるべく早い段階で眼科に連れて行って検査をしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加