飛蚊症の原因はストレス? 目薬での治し方とは?

飛蚊症

飛蚊症とは、糸状や小さな粒や丸い輪、半透明の浮遊物が目の前を飛んでいるように見える状態のことです。目をこすったり視線を変えてもその浮遊物の存在に変化はなく、特に明るい場所でははっきりと見えてとても気になってしまいます。

ここでは、飛蚊症の原因や治し方についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

飛蚊症の原因はストレス?

飛蚊症

飛蚊症の原因は、硝子体の濁りです。

目は外からの光を網膜に写し映像化しますが、この時同時に有害な紫外線も浴びてしまいます。この紫外線が硝子体の中に老化の原因となる活性酸素を発生させ、これがたんぱく質や脂質を酸化し、徐々に硝子体の組織を劣化させ濁りを生み出すことになります。そしてこれが飛蚊症の症状として現れてくるのです。

眼科で検査をして【生理的飛蚊症】と診断された場合、多くはその原因として老化やストレスをあげられ、あまり気にしないように言われます。

飛蚊症の治し方について

飛蚊症

現在、生理的飛蚊症には有効な治し方が確立されておらず、失明のリスクや視力の低下の原因にはならないため「放置しても特に大きな問題はない」とされています。しかし、最近では長時間のスマホやパソコンなどの使用で目にかなりの負担をかけているため、飛蚊症の患者は若い人にも増えており、予防や症状の悪化を防ぐ努力が必要です。

治し方や予防法として、目に紫外線を浴びないようサングラスをしたり、目を酷使してストレスを与えないようにするなどの生活習慣の改善も大切です。

目薬が飛蚊症に効果的!?

飛蚊症

生活習慣の改善だけでなく、アンチエイジングのために抗酸化作用のある【ビタミン類】などを積極的に摂取するのもおすすめです。さらに、目薬による改善も治し方の一つとしてあげられます。

飛蚊症の症状を直接的に改善する目薬はありませんが、目の乾燥を予防したり眼精疲労の回復などのリフレッシュによって、症状の軽減を期待できるかもしれません。飛蚊症には、他にも治療や手術が必要なものもあるため、自己判断せず医療機関を受診し正しい対処をすることが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加