加齢が原因の飛蚊症!! 治し方や予防法はこれ!

飛蚊症

目の前に黒い粒みたいなものが浮いていて、目を動かすとその汚れも一緒に動いている様に見えるのを【飛蚊症】と呼びます。その場合の原因として考えられる物の一つが加齢です。

ここでは、加齢が原因の飛蚊症についてご紹介します。

スポンサーリンク

加齢が原因の飛蚊症について

飛蚊症

人間の眼球には「硝子体」と呼ばれるものがあり、それがスクリーンの役割を果たす網膜に包まれているのが一般的です。

しかし加齢に伴って硝子体と網膜が離れてしまうと、硝子体の表面にあるコラーゲン繊維が固まってしまい、時にはそれが影として網膜に映ってしまう事があります。それが加齢に伴って起きる飛蚊症の仕組みです。

白い画面などを見ると糸みたいな物体が浮いているように見えるのは、硝子体の中に生まれつき濁りがある別の飛蚊症なので注意しましょう。

飛蚊症の治し方は?

飛蚊症

飛蚊症は、基本的には自然治癒ができないので、眼科に行くのが治し方としては重要です。

治療法は眼科によっても違いますが、現在ではレーザーを照射する方法を選ぶ病院も増えてきています。簡単に行う事ができるだけでなく、日帰りでも手術が出来る場合もあり飛蚊症で悩む人にとってはより治療が身近な物になると言っても良いでしょう。

飛蚊症の予防法はコレ!

飛蚊症

ただ、症状が気になってからすぐに治療するのも重要ですが、やはり予防法を知っておく事もとても重要です。

現在効果が期待出来ると言われている予防法の一つが、【ルテインのサプリメント】を利用する方法です。手軽に摂取する事ができるだけでなく、サプリメントとなっているので現在医薬品を服用している人でも比較的利用しやすくなっている点が高く評価されています。また【目を酷使しない】こと、これもまた予防法としては効果が期待出来ます。

飛蚊症

飛蚊症は治し方を知っておく事も重要ですが、予防する所から始めるのも良いでしょう。加齢が原因となっている物は避けられないから治し方を知っておくしかない、そう思い込むのではなく、出来るだけ症状が出てしまう事を遅らせる為にも予防法についてもよく理解しておく事が重要です。是非やってみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加