生理的飛蚊症とは? 治し方や原因、症状について

飛蚊症

飛蚊症とは、目の前を小さな浮遊物が飛んでいるように見える症状です。蚊が飛んでいるように感じるところからこの名前が付いていますが、見える浮遊物は人によって糸くず、ゴマのような黒い点、丸い輪などさまざまです。

スポンサーリンク

生理的飛蚊症の原因とは?

飛蚊症

目をつぶったりこすったりしても消えず、邪魔だなと思って視線を変えても浮遊物が消えない場合は飛蚊症の可能性があります。明るい場所や白い壁などを見るとはっきり見えることが多いのが特徴です。

飛蚊症はいくつかありますが、一番多いのが【生理的飛蚊症】です。私たちがものを見る時、光は紫外線となって角膜と水晶体を通して硝子体を通過し、網膜で映像を見ています。ところが硝子体は加齢やストレスなどが原因で劣化すると、繊維組織が壊れて硝子体に繊維くずが浮いてしまいます。これが浮遊物の正体です。

飛蚊症

また、生理的飛蚊症は髪の毛が白髪になるのと同様で生理的なことが原因です。そのため症状が現れるのは高齢者に多いそうですが、強度の近視の場合には若いうちから症状が現れることもあります。現在はまだ治療法が確立されていませんが、改善という意味での治し方はいくつかあります。

生理的飛蚊症の治し方について

飛蚊症

治し方のひとつは、【できるだけ紫外線を避ける】ことです。紫外線は目の中で活性酸素を発生させて、硝子体を直接劣化させる原因です。外出時にはサングラスをかけたり、メガネやコンタクトもUV加工されているものを選ぶと良いでしょう。またテレビやパソコン、スマホなどの画面を見る時間をなるべく減らしましょう。

生理的飛蚊症のもうひとつの治し方は、【目に良い食べ物の摂取】です。特に「ルテイン」という栄養素はもともと瞳の中にある成分で、安定してものを見るために欠かせない栄養素なのでおすすめです。ほうれん草に多く含まれているのですが、改善のためには大量に摂取しなくてはならないので、サプリメントで補うのも良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加