目の奥が痛い時に効くツボはどこ?頭痛も解消できるの!?

目の奥が痛い

目の奥が痛いといった症状は眼精疲労や副鼻腔の炎症及び脳腫瘍など何らかの病気によって引き起こされる可能性があり、状況次第では早めに医師の診断を受ける必要性が生じてきます。

中でも最も身近な眼精疲労は、テレビやパソコンの液晶画面を長時間見続けたり、モバイル端末におけるゲームのように小さな画面を凝視する場面で発生しやすく、頭痛や肩こり・吐き気などの原因になるため、健康維持の目的として日常的なケアが欠かせません。

スポンサーリンク

目が痛い時のケア方法や対処法

目のツボ

有効なケア方法としてはツボ押しや目の周りを温める行為に加えて、十分な睡眠と休息を心がける選択が求められ、必要以上に目を酷使しすぎないよう気をつけておくべきといえます。眼精疲労が原因となって目の奥が痛い症状を起こしている場合、目の疲れに効くツボを押すことで症状の緩和が見込め、動けないほど重度な状態へ陥る前であれば肩こりや頭痛も解消を期待できます。

⇒目の奥が痛い時の対処法【動画】


効果を見込める代表的なツボは首の後ろに存在する天柱と呼ばれる場所と、髪の生え際にある風池というツボがあげられ、眼精疲労に加えて肩こりや頭痛を改善し、脳の活性化へ繋がるとされています。また、目の周りにも眼精疲労対策のツボは多数存在しているほか、目の筋肉を温めたりマッサージすることで血行が促進され、筋肉の緊張状態をほぐすのに役立ちます。

これらはコストをかけずに実施できる対策で即効性も高めですが、症状が治まっても無理をせず安静にしておく選択が根本的な解決への近道となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加