子供の結膜炎の症状について!病院は何科?

結膜炎の症状

子供は結膜炎になりやすく、子供の結膜炎の場合、目を頻繁にかく、大量に目やにがでる、充血がひどいということが多いです。子供の結膜炎にはウイルス、細菌、アレルギーの3つがあり、このうち、感染させてしまうことのあるものは、【ウイルス性の結膜炎】です。

スポンサーリンク

子供のウイルス性結膜炎について

ウイルス性結膜炎 保育園

ウイルス性の結膜炎には、「流行性角結膜炎」や「咽頭結膜熱」などがあります。この2つは感染力が強いため、あっという間に流行してしまいます。

流行性角結膜炎は、目やにが多いのが特徴で、朝起きた時に、目が開けられないほど出ることもあります。また、感染力が強いので、医師に登園や登校をしてよいという許可が必要となります。咽頭結膜熱はプール熱とも呼ばれ、夏に流行します。この結膜炎の場合は、発熱を伴うのが特徴で、喉の痛みや鼻づまりも起こってきます。症状が落ち着いて2日たつと、登園しても良くなります。

細菌が原因の場合も、大量に目やにが出ます。目が痛むこともあり、風邪にかかっている時になりやすくなります。感染力がさほど強くないので、登園停止にはなりません。

アレルギー性の物は花粉などアレルギーを起こしてしまうものに触れた時、炎症を起こします。目のかゆみの他、まぶたが腫れたり、目の周りが赤くなったりします。

病院は何科につれて行くべき?

結膜炎 病院

大人の場合、結膜炎になった時は眼科を受診しますが、子供の結膜炎の場合、何科に行ったらよいのか悩みます。子供の結膜炎の場合は、小児科を受診すると良いでしょう。小児科では、何が原因で目やにがでたり、充血しているのかがすぐにわかります。目薬の他、抗生物質や風邪に対しての薬を処方してもらうこともできます。明らかに目の症状のみの場合は、眼科でも構いません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加