結膜炎はうつる?仕事や学校は休んだ方が良いの?

目が痛い

結膜炎は目が充血したり目やにがたくさん出る、目が腫れるなど比較的わかりやすい症状が出るものです。結膜炎はうつると思われがちですが結膜炎にも種類があります。「仕事や学校は休んだほうがいい?」と心配になるかもしれませんが、それは結膜炎の種類によります

スポンサーリンク

結膜炎の種類と症状

結膜炎 痛い

結膜炎の原因がアレルギーの場合、その反応は花粉やダニなどアレルギーを持っている人だけのもののため人にうつる心配はありません。他にも目に付いてしまった傷が原因になる外傷性の結膜炎も人にうつる心配はないので仕事や学校は行っても構わないと言われています。

人にうつるため仕事や学校を休んだ方が良いウイルス感染による結膜炎は、細菌やウイルスが原因で起こるものです。「はやり目」と呼ばれる【流行性結膜炎】、プールに入った時に感染することが多く「プール熱」と呼ばれる【咽頭結膜熱】、性感染症の原因となるクラミジアの感染で起こる【クラミジア結膜炎】【急性出血性結膜炎】になります。

細菌感染による結膜炎はウイルス性のものやアレルギーが原因のもの比べると数は少ないですが、インフルエンザウイルスや黄色ブドウ菌などの感染によって引き起こされます。

ウイルス性結膜炎にかかったら…

結膜炎 出勤停止

これらの結膜炎の原因の中で、感染力が強く他の人にうつしてしまう可能性が高いのは【ウイルス性結膜炎】です。この場合には他の結膜炎と比べると効果的な治療法がありません。ウイルスを死滅させる薬がないため免疫力を向上させて自然治癒するのを待つしか方法がないため、他の人へうつすのを避けるために医師の許可が下りるまでは仕事や学校は休むのが基本だとされています。

その人の体力や感染したウイルスにもよりますが、ウイルス性の結膜炎の症状は約2週間ほど続くと言われています。自宅で安静にしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加