アレルギー性結膜炎の時、コンタクトはNG?その理由や治し方は?

アレルギー性結膜炎の原因

目は人間の器官のなかでも重要なものであると言えます。目が見えることで様々な造形を認識し、行動を決定づけていくことができます。目に支障をきたすと、事象を的確に判断し行動を決定づけることが難しくなります。そのため人間の目は常に健やかで、クリアに物事をみる事ができなければいけません。ここでは、アレルギー性結膜炎についてご紹介します。

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎の症状は?

アレルギー性結膜炎 症状

目は時として様々な症状に見舞われることがあります。突然痒みが見られたり、目やにがたくさんできるようになったり、目が充血すると言った症状に見舞われることがあります。こうした症状に代表される疾患の一つとして、【アレルギー性結膜炎】を挙げることができます。アレルギー性結膜炎になると、目頭がかゆくなったり、瞼が赤くはれ上がる事もあります。

結膜炎の原因や治し方について

結膜炎の治し方

原因の多くは、目が不潔な状態にさらされることで起こります。細菌や雑菌を触った手で目をこすると粘膜が過剰に反応して目が充血し痒みを発症することがあります。

治し方としては眼科医を受診することで解消します。アレルギー性結膜炎の場合は目に侵入したウイルスや雑菌を殺菌する必要があり、抗生剤が配合された目薬を点眼して治療していきます。抗生剤を用いると、5日もすれば雑菌やウイルスの増殖を抑えることができ、次第にかゆみや目の腫れ、充血も解消されます。

コンタクトレンズを使っている人必見!

コンタクトレンズ 使用方法

また最近ではコンタクトレンズの杜撰な管理によって結膜炎がおこることが多いとされています。コンタクトレンズを綺麗に洗浄せずに長時間装着したり、使い捨てのコンタクトレンズを何日も使い続けることでアレルギー性結膜炎は起こります。

この場合も目薬で治療を行うのですが、コンタクトレンズをしたまま抗生剤を点眼すると、眼球全体に薬剤が行き届かないので効果が半減します。そのため治療の際はコンタクトをやめてメガネを使い、目薬を目全体に行き届かせることが大事です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加